【突発性難聴の治療】カテゴリの記事一覧

【突発性難聴の治療】

突発性難聴の治療】
適切な早期治療と安静が極めて重要です。
早期からきちんと治療しても不幸にして治らないこともありますが、発症して1ヶ月を越えるとほとんど病状が固定してしまうので、悔いを残さないためにも早期治療を心がける必要があります。

症状を自覚した場合は速やかに設備の整った病院(大学病院など)で専門医の診断を受けて下さい。
判断と治療の困難さから、小さな病院・一般医では知識や設備が不足している場合が多く、誤診による手遅れ・認識間違い等に注意が必要です(実際聴力低下が見られても、ある程度会話が聞き取れれば正常とみなされ異常と診断されないこともあるからです)。

一般的には発症から約2週間以内が治療開始限度と言われていて、これを過ぎると治癒の確率は大幅に低下してしまいます。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。