【突発性難聴】カテゴリの記事一覧

【突発性難聴】

突発性難聴
突発性難聴とは特別なきっかけもなく、通常片側の耳がある時突然に聞こえづらくなる病気です。
音のセンサーであり、音波の振動エネルギーを電気信号に変換する内耳が、突然障害を受けることにより高度の難聴をきたす病気です。
2001年の調査では、全国受療者数は年間35,000人(人口100万人対で275.0人)。
統計的には40代〜50代が多いが、近年10代〜30代の例も少なくなく、年齢や性別において大きな偏差は見られません。

基本的に原因不明で確実な治療法がない難病であり、厚生労働省の特定疾患にも指定されています。
騒音などが原因の伝音性難聴とは全く異なる難聴です。

突発性難聴の原因】
突発性難聴の症状】
突発性難聴の治療】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。