【突発性難聴の治療】

突発性難聴の治療】
適切な早期治療と安静が極めて重要です。
早期からきちんと治療しても不幸にして治らないこともありますが、発症して1ヶ月を越えるとほとんど病状が固定してしまうので、悔いを残さないためにも早期治療を心がける必要があります。

症状を自覚した場合は速やかに設備の整った病院(大学病院など)で専門医の診断を受けて下さい。
判断と治療の困難さから、小さな病院・一般医では知識や設備が不足している場合が多く、誤診による手遅れ・認識間違い等に注意が必要です(実際聴力低下が見られても、ある程度会話が聞き取れれば正常とみなされ異常と診断されないこともあるからです)。

一般的には発症から約2週間以内が治療開始限度と言われていて、これを過ぎると治癒の確率は大幅に低下してしまいます。
続きを読む

【突発性難聴の症状】

突発性難聴の症状】
片方の耳が急に聞こえなくなったり聞こえにくくなったりします。
音が聞こえないというよりも耳がつまった感じ(耳閉感)、あるいは音が響く感じ(聴覚過敏)、音がゆがむ感じとして自覚されることもあります。
同時に耳鳴りやめまい、吐きけを伴うこともあります。
ほとんどの場合片側のみに発症しますが、稀に両側に発症する場合もあります。

発症はそのとき自分が何をしていたか明言できるほど突発的です。
そのため発症時は難聴と気付かないケースが目立ちます。
実際は軽〜重度の難聴・耳鳴りなどが中心ですが、それに加えて音が「異常に響く」「割れる」「二重に聞こえる」「音程が狂う」など副症状は人によって様々です。

誤解されがちな点ですが、突然の中途失聴(難聴)が患者に与える精神的負担は極めて大きいです。
続きを読む

【突発性難聴の原因】

突発性難聴の原因】
感音性難聴の一種と考えられていますが、現在のところ原因は不明です。

毛細血管の血流が妨げられ、内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすという『内耳循環障害説』
ステロイド(感染症に対して抗炎症作用を持つ)が効果を発揮することから『ウィルス感染を原因とする説』などがあります。
患者調査の傾向からストレスを原因の一つとする指摘もあります。
続きを読む

【突発性難聴】

突発性難聴
突発性難聴とは特別なきっかけもなく、通常片側の耳がある時突然に聞こえづらくなる病気です。
音のセンサーであり、音波の振動エネルギーを電気信号に変換する内耳が、突然障害を受けることにより高度の難聴をきたす病気です。
2001年の調査では、全国受療者数は年間35,000人(人口100万人対で275.0人)。
統計的には40代〜50代が多いが、近年10代〜30代の例も少なくなく、年齢や性別において大きな偏差は見られません。

基本的に原因不明で確実な治療法がない難病であり、厚生労働省の特定疾患にも指定されています。
騒音などが原因の伝音性難聴とは全く異なる難聴です。

突発性難聴の原因】
突発性難聴の症状】
突発性難聴の治療】

【ヘッドフォン難聴】

【ヘッドフォン難聴
ヘッドフォン難聴とはヘッドフォンで大音量かつ長時間にわたり音楽を聴いていると生じる現象です。
伝音性難聴の一種で、感覚細胞が麻痺もしくは破壊されることで起こるため、回復させることは非常に困難です。
予防するには音量を下げるか、定期的に音楽を止めて耳を休ませる行為が必要です。
コンサートなどで大きな音のスピーカーの前で音楽を聴き、その後外に出た時に感じる耳鳴りや閉塞感もヘッドフォン難聴の一種です。

【感音性難聴】

【感音性難聴
感音性難聴(かんおんせいなんちょう)とは、内耳もしくはそれ以降の神経系の障害に起因するタイプの難聴のことです。

症状が比較的軽い場合は、聞こえる音量に関してはさほど問題ありません。
しかし『雑音との聴き分けが出来ない』『言葉が聞き取れない』『間違って聞こえてしまう』『多人数での会話が難しい(話の中身が聞き取れない)』などの症状が見られます。
神経系統の障害のため、具体的な症状は千差万別です。

上に挙げた症状以外にも高い音域が聞き取り難い症状(女性の声が聞き取り難い)や低い音域が聞き取り難い(男性の声が聞き取り難い)症状があったりします。
続きを読む

【伝音性難聴】

【伝音性難聴
伝音声難聴とは外耳と鼓膜及び中耳、つまり音を伝える器官の障害による難聴です。
音を聞くための神経系には異常がないので治療で治る可能性が高く、補聴器などで音を大きくすればかなり聞こえるようにもなります。
音が内耳のらせん器に伝わらないために聞こえないものなので、外耳に耳垢が詰まっていたり中耳炎の場合にこの難聴になったりします。
伝音声難聴は最大でも60dB(デシベル)程度の障害で、高度難聴になることはほとんどありません。

【ヘッドフォン難聴

【難聴とは】

難聴とは】
正常人と比べ、聴力が30db以上低下している状態のことを難聴といいます。
難聴には種類があり、伝音性難聴感音性難聴に分けられます。
伝音性難聴とは,外耳、鼓膜、中耳の障害で生じる難聴で急性中耳炎などで生じます。
感音性難聴とは、音の振動を判断する内耳の感覚細胞の機能低下,もしくは感覚細胞から脳へ信号を送る際の神経の障害が原因で生じる難聴のことです。
また、伝音性難聴感音性難聴の両方を併発しているものを混合難聴と言います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。